関東かいもん会

開聞出身者の友情と親睦を深める「関東かいもん会」

開聞弁(仙田弁)

画像の説明「わがえだいのかだい」開聞(仙田)弁

取り敢えず編集長 土筆KAZUMI

編集途中①  平成31年4月1日 協力者募集中

 ふと立ち止まって過去に思いを巡らせると 今ここに還暦を越えた私がいて 両親とも逝ってしまったふるさとは 急に色褪せて遠くに流れ去っていくような気がしてくる
 幼い頃を思いだすとき 父や母 じいちゃんばあちゃん おじさんおばさん 友達との優しい時間 言葉の調べが 波のように押し寄せて 郷愁に駆られる・・・・・こともある
 そして今「終活」が心をよぎることが おかしくない年齢になった
 今では 決して語られることのない また 耳にすることもなくなってしまった 開聞の そして仙田の言葉の数々を思いだしてみようと 同じ遊び心を持った仲間と つれづれに書き留めていたものをまとめ始めている
 つい90分前に菅義偉官房長官が 2019/5月1日から新元号が「平成」から「令和」になると 発表があったばかりである
 新しい元号に 私たちの老後が平穏であれと託したい 2019/4/6(土)は わがえだいのしと花見です 🌸🌸🌸 🌸🌸
q (2)

画像の説明 五十音順

あ行

五十音      標準語開聞(仙田)弁
会う / 合う
会った / 合ったおだ/おじょっ
会わない / 合わないおわん/おじょらん
会っても会わなくてもおじぇんおわんちぇん
仰向けおねっ
青あざつごろじん
あくびあくっ
あくまでもしゃいも
あぐらおどごすわい
悪事わいかこっ
あけびあっきゅ
麻ひもよま
足跡あいのあど
遊ぶあすん
遊びに来ないかあすんけこんか
遊びに行こうあすんけいっど
預けたあっけだ
びんた
暖かい/温かいぬっか
日向ぼっこぬっかんぼ
温めるぬんむっ
新しいにが/あだらしか
当たり前あだいまえ
あちこちにどごじぇんかしこじぇん/どごそげ
あちこち あっちゃこっちゃ / あひこそご
あて布ふせ
後片付けしめ⋰あどかだっけ/あどこばめ
穴をあけるあなをあぐっ
侮るみくびっ
暴れるばったぐろ
浴びせるひっかぐっ ひっかげだ
危ない/危ないよあんなが/あんながど
危なくない/危ないものかあんながなが あんながむんか
あまりない事だけれどあんまいながこっじゃっば
有難うおおきに/よごづしもした
ある限り/全部/ありったけあいかぎぃ/あいたげ
あるだけ/あれほどあぃしこ あしこ
あれだけ言ったのにあしこゆだで
あれもこれもあいもこいも
甘柿こねがっ
洗うある
あぶっ
慌ててせしこっ
慌ててじったんばったん
慌てるなけったけったすんな
安心したおじぇちだ
按配あんべ
あんなにあしこ
言う/言えゆ/ゆえ
言うなゆな
言えない/言わなくていいゆわならん/ゆわんばよが
言ってくださいゆっくれ
言いたい放題ゆおごじゃしこ / ゆごじゃっごっ
言いつけるいっかすっ
言いにくいゆにっか
言いなりゆごっ ゆとおい
言いやすいゆやすか
いい加減よがしこ/てげてげ
いい加減ざっとな/なんとんしれん
いい気分よがあんべ
言い換えればゆなおせば
いいですよよがど
いっ/せ
息が切れるいっ(せ)がきるっ
意気消沈しょぼくれっ
行違ういっすっ
生きるいぎっ
行く/行こういっ / いっど
行ってくるよいだっくっで
行ってくださいいだっくれ
行ってしまうはっちっ
行ってしまったはっじだ
いっときいっとっばっかい
行き止まりいっどまい/ツ(チ)ッガダイ
いきなりとっかがい
いくら/いくらでもどしこ/どしこじぇん
いくらか/ いくらですかどしこ / どしこげな
いくらですかドシコゲナ
いくらでもドシコジェン
いけすかないなましかん
意固地いっぽぎった
忙しいいそがしか / せわしか
猛烈に忙しいいそがしかころし
痛いいだが
一度くらいはいっどどま
一人前っといまえ / いっちょまえ
一切ないもかいも
一生涯いっしょまっで
一緒にいっどぎ
一生懸命いっぺこっぺ
一番ビリいっばんしぃ
いつでもいっじぇん
いつもねんじゅ
居づらいおいにっか
居眠りひんねった
命がけいのっがけ
今すぐにいまいっき / ただいまんこで
今になっていまなっかい いまごろなっかい
いる/いたおっ / おった
いない/いなかったおらん / おらんじゃった
右往左往ちわぃちわぃ
浮かれるのぼすっ
動く / 動くないごっ / いごんな
受付うげっけ
動かないいごがん
牛馬のえさにごし
失った・無くしたうっせだ
うずくまるけつぶん
嘘つき者うそひいごろ
打ち身薬うっちっすい
うっとおしいめめらしか
俯くくろびっ
うぬぼれるなのぼすんな
うのみうのん
奪うばご
美味いうんまが
生まれつきうんまれちっ
ウミヘビきだか
埋めるいぐっ
売上ういあげ
売り物うぃむん
うるさいずんなが/ やがましか / やぞろしか
うるさいじゃがましか/うぜらしか/やぞろしか
うるさいせがらしか
うろうろうろちょろ
うろつくさりっ
上澄みうわしゅい
運/運がいい/運が悪い
運がいいのさっちょっ
映画かっどぅ
永久にいっづいじぇん
得体のしれないなんとんしれん
偉ぶるいばいごろ よがぶいごろ
偉いさんよがたっ
えい
エプロンまえかけ / めだれ
遠足えんこ
遠慮(肩身が狭い)しんしゃっ
遠慮がないわっさわっさ
宴会のんかだ
追いかけるうっかぐっ
追い出すこさっだすっ
追い出されたこさっだされだ
美味しい / 不味いうんまが / あじゅんなが
置いてきぼりうっちぇがるっ
横着者わやっごろ / おじゃっごろ
大声おらっ
おおざっぱあらつら / てげてげ
大酒飲みしょじゅくれ
おおよそあらかだ
応援かせ
大損 大損したうっぽぐっ  うっぽげだ
大騒動うそど
置き忘れちゅわすれだ
臆病裳者やっせんぼ
怒るはらかっ / がっ / くる
怒られる/怒られたくるわるっ / がらゆっ
怒りんぼうはらかっぼ
おしゃべり者かだいのはっじろ
惜しいあったらしか
教えるいっかすっ / ゆっかすっ
押しかけるねじぃこん
おだてるもっちゃぐっ
落ち着くあじぇちっ
落ちぶれるしょんだれ
落ちるしちゃゆっ
億劫めんどが
お手上げといまらん
大人あらしかむん
踊りおどい
驚いたたまがった
同じようにひとっじょ
同じひとっこっ / っとっむん
同い年ひっとっとし
夥しいあばじぇんね
おべっかめし
重い/軽いおっか / かいか
思い違いおめちげ
思うようにおもごっ おもだごっ
思い切りおめきぃ
思い切りがいいきもがきるっ
思いつく/思いつかないおめちっ / おめちがん
思いもしないおめもせん
面白い/面白くないおもしとが/おもしてなが/おもしてね
降りるおじっ
折るう(お)っごしょっ
おろおろとろいとろい
恩恵のさい

か行

五十音      標準語開聞(仙田)弁
会議・話し合いかだえ かだいよ
会合よいかだ
外見みかげ
開催するひらっ
開始うったっ / はいむっ
外出でばい
解体うっこわし
下ごしらえこしたゆっ
買い手けて
海岸うんべだ
該当するあたっ
買い物けむん
回覧板ふれ
賢いこサバゲダ子
賢かったサバゲジョッタ
買う/買わないこ / こわん
買えないこわならん
買うなこな
あっぴっ
帰る早々もどいもどい
帰りたい / 帰りたくないもどろごぢゃっ / もどろごなが
帰る / 帰らないもどっ / もどらん
帰る途中もどやし
香りかざ
化学肥料きんぴ
書かなければかがんにゃならん
かがん
かがい
かかとあどじぃ
搔き集めるこさっあつむっ
関わる/関わらないかがよ/かがよわん
案山子おどし
かき混ぜるまぜくっ
限りないきぃがなが
かき回すこさったくっ
書く / 書いた / 書いたかかっ / けだ / けだが
掻くかがじっ
嗅ぐかずん
陰口あっごっ
風車かざぐいま
ちぇんご・てご 
かさぶたつ / がさ
火山灰
火事くゎし
餓死ひじん
過失まっげ
貸す/貸さないかすっ / かせん
数えるかんずっ
家族けね
型菓子もしこ
堅苦しいかだぐるしか
肩車びびんこ
肩痛へっがいだが
片付ける / 片付いたかだっくっ / かだっけだ
片付ける / 片付いた こばむっ / こばめだ
片方かでっぽ
傾くかだびっ
家畜商ばぐゆ
恰好ざま
恰好良いよがにせ
恰好をつけるよがぶっ
かつお節かっぼふし
河童がらっぱ
勝つ/勝てないかっ/かだん/かてん
勝てないかのわん
家内うっかだ
叶うかの / かのわん
金持ち / 貧乏人ぜんもっ / ぶげんしゃ / ひんじゃむん
かびかっ
寡婦ごけ
寡夫やもめ
被せるかっすっ
かぶれるまぐっ  はいまげ  はぜかぶれ
かまどくど
我慢できないしんきがにゆっ
かんずっ
かみそりかみそい
かみ砕くカンタグッ
噛みつく/噛みついたかんちっ/かんちだ
噛みつけかんちげ
髪留めびんどめ
かんなれ
髪ぼうぼうやんかぶい
がむしゃらまぐれいっぼい
痒いけが
辛いからが
からかうわやっ / おちょくっ / かがよ
ガラスがらし
軽い / 重いかいか / おっか
軽石がいし
かるたかった
可愛いむんぞが むぞんか
可哀そうぐらしか/むいなが
変わり者かわいむん
乾いたかこえrだが
乾いていないこれじょらん
乾かしなさいこらがせ
乾くこらっ
観客みぃちぇ みて
関係するかがよ
勘弁してこらえっくれ
感無量なんちゅわならん
間伐まびっ
頑張るきばっ / はめっくっ
頑張ったはめっけだ
頑張れきばれ / ちぇすと
考えかんげ
看病かびょ
頑固者いっぽぎった
頑丈なごったましか
感心なきどんな
感嘆もやしか むやしか
勘違いかんちげ
気が揉めるしんきがにゆっ
消えたケギエダ
気位けん
気位が高いけんがたっか
機嫌ごっげん
聞こえる / 聞こえないきごゆっ / きごえん
聞こえないみんがとわが
きんのとい
規制しばい
気ぜわしいせがらしか
規則きまい
汚いきっさなが っさなが
きちがいになるまっきっ
きついきしか
吃音どもい
木槌どんじ
きんね
来てくださいっけっくれ
機転とんち
奇特なきどんな
気取るよがぶっ / よがまね
木の根っこきんねばい
昨日きにゅ
きびなごきんざご
気分あんべ
気前がいいきまえがよか
着物べんじょ べんべん
気持ち良い/気持ちが悪いきもっがよが/きもっがわいか
ぎし
えづ
きゅうくつせんなが
休憩よぐ
きゅうすちゃじょか ちょが
狂人神経
境界さげ
今日きゅぅ
切り刻むきぃたぐっ
綺麗 / 汚いみよっか/ きさなが
綺麗な人みよっかし
崩れるくゆっ
金蠅きんべ
具合あんべ
食いつくくれちっ
食い溜めくだめ
空腹しょっぎれ
空腹ひだいか
くっ
臭いっさが
草刈りっさぎぃ
括るくぶっ
括りつけろきびっけ  くびっけ
草刈りっさぎい
腐るけっさるっ / ねまる
挫くちんまげだ
苦情・わがままこまごっ
我儘きばらしか
ぼろ
くすぐるじゅぐじっ / こそぐっ
くすぐったいじゅぐじしか
燻るっすもっ
薬売りえっちゅどん
崩れる / 崩れたくゆっ / くえだ
下る / 上るくだい・くんだい / のぼい
下り坂くだいざが / くんだいざか
すば
愚痴こまごっ
くっ
屈強なごったましか
くっつくひっちっ
くどいくで
のどくっ
くべるクブッ
クイマ
公役クヤッ
稽古けご
警察官じゅんさどん
経緯ないたっ
計算さんにょ
軽率ぞっさらしか
痙攣するつった
消すきやがすっ
消しなさい / 消したかけせ / けせだが
げた / 下駄箱げだ / げだばご
ケチじょっごろ / じっごろ
結局はつまいは
結婚式ごじょんけ
血統ちすっ
蹴とばせケットバセ
険しいいみっしか
煙たいけっか
毛虫ほんじょ
下痢はらくだし
喧嘩いさご
喧嘩するないさごな
現代人いまどっのしぃ
見物人みいちぇ
懸命に働くハメックッ
来い
こいつうなっ
厚顔無恥はっさらし
こき使うっけころし
交互かどいかどい
後退あどすだい
豪胆ぼっけもん
硬直しゃっぱっ
効能きっめ
香ばしいかばしか
ごーやにがごい
行楽でばい
高齢者おせんし
口論いさご / いさげ
小枝べら
しもがね
股間まだばい
酷評ぼろっそ
こけるかやっ
こけたかやった
焦げ臭いこげっさが
ここら一帯こごあだい
小言こまごっ
心(本心)ねしゅ
心細いとじぇんなが
小作料じのう / しゅのぅ
乞食もれかんじん
腰巻めだれ
ごたごたやっさもっさ
御馳走ごっそ / おしょよ
ごちそうさまごっそさん / ごやっけさま
こっぱみじんちんぐゎらっ
小遣い銭っけせん / つけぜん
こど
ことさらこどろしゅ
粉々ちんがらっ
この辺りコゴダイ
独楽うっごま
困るのさん
ゴム / ゴムまりぎった ぎったまい
小麦団子はだげんだんご
ごめんなさいコラエックレ
子守もいのこ
肥しこえ
これだけこしこ
これっきりこぃきぃ
転がすまぐらがす
怖がるびっがちっ
怖がるおどろしか
今度はこんだ
今夜キュンバン
こんなにコニュゴ
壊すうっこわす
怖いオソロシカ
転んだケマグッタ

さ行

五十音      標準語開聞(仙田)弁
最後しめ
最後いっばんしぃ
最後尾どんけっ
再度もいっど
咲いたせだ
細断するこだぐっ
サゲ
しゃがっしば / さかっしば
探すみっくっ
探せみっけ
ちょっ
下がるすだっ / さがっ
魚釣りイヨツイ
魚臭いひえっさが
酒盛りのんかだ
逆立ちさがだっ
左官しゃがんどん
先走りさっばしぃ
先ほどいんまさっ
先ほどまでサッヅイ
昨日きにゅ
昨夜ゆべ
叫ぶおらっ
酒飲みしょじゅのんごろ
酒の肴しょじゅんしおげ
捧げるめらす
指図げっ
さしみぶえん さしん
雑談せげんばなし
ざっとあらかだ
さつまあげっきあげ つけあげ
里芋さでいも
さとうきびさどきっ / おっがら
寂しいとぜんなが
サボるやまんがっこ
寒いひやが ひゆっ
寒くなるひえっくっ
ざるしょげ ぶいじょげ
さるとりいばらかがらんは
騒ぎそど
触るかがっ
触るなかがんな
触りまくるカガジィタグッ
参加かだっ
参加しなさいかだれ
参加するなかだんな
参加しませんかかだらんか
散々しっちゃかめっちゃか / ちんがらっ
散髪びんたつん
潮時しおどっ
叱られるガラユッ
~したいスゴジャッ
~したくなるスゴジャッゴナッ
下ごしらえこしたゆっ
事実はほんのこじゃ
下を向くくろびっ
支柱つっぱい
しっかりはしと
失敗したしそごねだ
知っているっしよっ
知ったかぶりしったかぶい
湿疹ガサ
しなくていいよセンバヨバド
死に物狂いケシンカギィ
死ぬケシン/ホダイケシン
死んだケシンダ
死んだふりケシンダマネ
死にそうになったケシンカガッタ
死ねケシメ
死ぬなケシンメド
縛るきびっ
自分でわがまえ
自分だけワガバッカイ
自分でやりなさいわがまえせんか
しまうなおすっ
しまったちょっしもだ しもだ
しみるしゅん
閉めるたじゅっ
閉めなさいたじぇ
地面じだ
染み込むしゅんこんだ
霜焼けしもばれ
じゃがいもじゃがめんこ じゃがた
しゃがむかがん
借家人やどかい
杓子しゃぐし
借金しゃっせん
しゃっくりぎっくい
しゃにむにしゃいもけん
しゃぶるすわぶっ
喋るかだっ
車輪はまんごろ
じゃまになるまじなっ / まじしきなっ
うるさい・じゃまめめらしか / ずんなが
しゃがむかがん
じゃがいもじゃがめんこ じゃがた
しゃぶるすわぶっ
周囲ぐるい
秀才きれむん
終日ひして ひがなひして
十字路じもし
修繕こそぐい
重曹そーだ
種子さね
殊勝なきどんな
自由におもだごっ
縮毛ちじんけ
正直しょぢっ
生涯いっしょまっで
焼却やったぐっ
正直しょじっ
成就祝いじょいのゆえ
小心者やっせんぼ
上手じょいじゃっ
冗談わやっ
焼酎しょじゅ
上天気よがひ
上ものよがむん
障壁さわい
小便しべん しぇべん
情報ふれ
将来はやがっちゃ
生涯いっしょまっで
小便たれしぇべんっかぶい
しょっちゅうはだれ
上手じょぃじゃっ
徐々にちんちん
食傷気味しょっしょはぐらん
したん
けっ したびらっ
思慮いっだまし
思慮
思慮がないほがなが ほがね
心底からねしゅがぃ
身長たげ
心配せわ
心配ごとせわなこっ
辛抱つましか
親友よがどし
親類やうっ
診察みたで みたじぇ
真実ほんのこっ
新品 / 中古にが / あがいむん
準備うったっ
俊敏すばしっこが
真剣いっだまし
新鮮あだらしか
瞬間いっき ただいま
白砂したつっ
獣医師ばいどん
あまん
素足はだし
西瓜すが
ずいきといもんから
随分あばじぇんね
吸い物すむん
末っ子しぃたれ
好きだしっじゃっ
すぐにいっき
すぐにただいまんこで
すごいわっぜぇ
少しチット/チョビット
少しはチィイッタ
少しだけチィットバッカイ
少しの間だけイットッバッカイ
少しのことはチィットンコジャ
すごくワッゼェ/ワッゼガ
すすへぐろ
すすぐゆしっ
すずりすずい
すすきとんぐゎら
すすきの原かやんば
すっかりねっかい
捨てるうっすっ
捨てろうっせ
捨ててくださいうっせっくれ
捨てるうっすっ
捨てるようっすっど
ずな
すねるひねくるっ
すねるねじっごろ
すんくじら
すん
すん
隅っこスンクジラ
住み着くすんちっ
すみませんこらえ
済むすんくじら
澄むすん
擦るすっ
するめすんめ
すれ違う/すれ違ったいっすっ/いっすった
~するところ~すっとごい
~するなよ~すんめど
ずるい奴わやっごろ / おじゃしか
するなすんな
することがないすっこっがなが
ズボンばっち
ズボン下でごんばっち
精一杯せっぺ いっぺ
正座きんこすわい
性質たち
性格たっ
精神ねしゅ
成長した っつなった
青年にせ
歳暮せぼ
整理するこばむっ
精霊しょろどん
背負うからう
ぜがひでもしゃいも
世間うぜげん
せっ
石油缶せったんかん
世帯しょで
せっかくせっかぃ
絶対にいがなこで
せっつくせっちっ
背中せんなが へっ
是非なんとっせじぇん
是非しゃいも
狭いせまんか せまが
せっ
蝉取りせっとい
競り市せいば
牛の競り市ういのこせいば
世話人きもいい
線香せんこ
煎じるせじっ / せんじっ
戦争いっさ
洗濯物あれむん
全壊した様子ちんぐゎらっ
是が非でもしゃいも
切ないせっなが
洗濯物あれむん
全壊した様子ちんぐゎらっ
是が非でもしゃいも
切ないせっなが
そうだったジャッタ
そうだよジャッド
だろうかジャロガイ
そうだろうかソイジャロガイ
そうではないかなソイジャナガロガイ
そうかそうでないかジャッカジャナガガ
それっきりだったソイキィジャッタ
そんなにソニュゴ
供えるメラスッ
そうじゃないソイジャナガ
損をするうっぽがし
損をしたうっぽげだ

た行

五十音      標準語開聞(仙田)弁
大事な事でぃなこっ
だいたいテゲテゲ
だけどじゃっばっ
たくさんどっさい ずんばい  ふどぉ
たくさんあばちぇんね あばちぇんなが
大工でっどん
太鼓てご
太鼓踊りてごおどい
大根でごん
大根葉でごんば
大根の漬物でごんのっけむん
干し大根もいでごん
大豆でっ
たいていてげ
でで
大胆ぼっけ
たい肥こえ
台風うがぜ
大変わっぜぇ
太陽ひどん
大量どっさい
唾液つば よだれ
倒れるひったおるっ
タオルちぇのげ  ちぇぬげ
だがじゃっばい
高いたっか
高下駄さいげだ
耕すおごす
だからじゃっで
だからほいじゃっで
薪 たんむん
たくさんふど ずんばい
逞しいごったましか
他家ひとげぇ
竹の子たげんこ
訪ねるたんねっじっ
助けてくれタヒケックレ
叩くうったぐっ
ただちにただいまんこで
だだをこねるこまごじゅゆぅ
誰かさんがダイテロガ
脱走するけっぱしっ
谷底たんのそご
だのっ
田の神たのかんさぁ
頼母子講もえ
束ねるまいくっ
足袋たっ
たびたびはだれっ
食べ甲斐くで
食べてしまううっく  うっくだ  まっくろだ
いっだまし
だらしないぞっさらしか ずんだれ
誰でもだいじぇんかいじぇん
誰もいないだいじゃおらん
誰もかれもだいもかいも
たわしそら
段取りしめ
だますだまがすっ
だましただまがせだ
だらしないずんだれっ
小さいこまんか
茶うけちゃんしおげ
茶化すおちょくっ
違うちご  ちごだ
違うだろうジャロゲェ
違うだろうチゴドガァ
力いっぱいばがいっ っからいっぺ
力いっぱいまぐれいっ
地下足袋じかたっ / じったっ
千切るちぎぃっ
引きちぎるひっちぎっ
血筋ちすっ
千鳥足よったんくわったん
ちびりちびりちびぃちびぃ  ちっとづい
痴呆もうろく ろげ
地面じだ
着手するうったっ
茶好きちゃくれ
中風なえ
中止するうっちゃむっ
昼食ちゅわん ひぃめし
中央まんなが
長所といどごい  よがどごい
頂上てっぺん
蝶々ちゅじゅ
丁度がっつい
弔問くやん
猪口ちょっ
賃仕事ひよとい
地蜂いなんじぇ
ついにごろいと
疲れるだるっ  のさん
付き合いつっきょ
次々つっかいつぎ
作り変えるつぐいかゆっ
突き飛ばすちっとばがすっ
突き飛ばせちっとばがせ
突っかかるつっかがった
つねるつまんきいっ
椿かだいばな
よめじょ うっかだ
つまみつまん
摘むつんきっ
冷たいちみだが
強いちよが
梅雨ながし
勤まらないといまらん
慎ましいつましか
つつくちっくじっ
突っつくちったぐっ
突っつきまわすちっくじいたぐっ
辛いのさん こわが きしか
つり合いついえ
連れだっていくちぇのんじっ
連れて行きなさいちぇのんじげ
詰めが甘いぼやしか
手荒いちゃーらが
出会ういっきょ
抵抗するごぬっ
低能ぼんくら 
手鏡てかがん
手紙てがん
的中するまっぽしあだっ
適当テゲテゲン
出来るぢぇ(で)ぐっ
出来るしがなっ
出来ないぢぇ(で)げん
出来ないしがならん
出来るものか しがなっむんか
手首てくっ
鉄くずじがね
手伝いこどい/かせ
鉄棒てっぼう
手づかみちぇっかみ
手に負えないてしけくらわん てしけおわん あっぱっ
手拭てのげ ちぇのげ
出迎えむげめ
照れるげんね げんなが
電球ほや
天井えんそら
伝染するうづっ
電柱でんきんばした
転倒てんくりっ ひっくいかやっ
転倒いねかっ
天秤棒いねかっ
唐辛子こしゅ
道具しょどっ
どうしてもしゃいも げっせじぇん
同じ所ひっとどごい っとどごい
どうしようかげんすっか
当然あだいまえ
当然のことじゃろそなこっじゃっ
とうとうごろいと
どうにもこうにもどじゃいこじゃい
どうにもならないばったいいがん
どうにもならないげんじゃいならん
どうにもこうにも仕方がないどじゃいこじゃいならん
どうしてないごで
どうしてもげっせじぇん/げいもかいも
どうしてもぎぇしたちゅ
どうしてもげっせじぇん
どうしようもないばったいいがん
どうしたものかげしたむんか
どうしたのかげしたどが
どうにかしてげんがこっかせっ
とうとうごろいと
どうするかげんすっか
どうもしないげんじゃいせん
どうなのか知らないげんじゃっとがしたん
どうなっているのかげんなっちょっとが
動転したあっぱった
頭髪びんたんけ
同伴者つれ
豆腐おかべ
逃亡するけっぱしっ ひんにぐっ
道路しみっ
道路脇みっぐるい
遠いとわが
とがっているとんがっちょっ
時々とっどっ
徒競走はしいくらべ
独身っといむん
ドクダミとごっさ
特別 / 改めてこどろしゅ
とげくっ
解ける 解けたほどぐっ / ほどげだ
どこへ  どちらへどげ
どこまでもどごづいも / どごづいじぇん
どこでもどごじぇん
どこでもかしこでもどごじぇんかしこじぇん
どこに行ってもどげいだじぇん
年寄りといなむん
どす黒いづぐろ
徳利からから
突然ひょっこいと
届いたとじだ
届かないとじがん
泥んこどろびっちょ
とんでもないとっけんなが / あばじぇんなが
とんでもない所までとっけんながどごいき/あばじぇんながどごい
どんなもんだろうかげんなむんじゃろがい
どんな事があってもげんなこっがあっちぇん
取り柄がないといどごいがなが
とない
怒鳴るおらっ
飛びかかるとんかがっ / とっかがっ
飛び上がるとんじゃがっ
飛び上がれとんじゃがれ
飛び込むとっこめ
飛び越えるとんこゆっ
とびぬけてとっきっ / とんきっ
飛ぶとん
戸袋とっぐら
戸惑うどまぐるっ
泊まるとまっ
友達 仲良しどし / よがどし
どもりどもい
虜になるはまっ
鳥もちやんもっ
取りやめるうっちゃむっ / といやむっ
努力きばっ
泥道にはまるずんべっ
泥棒ぬしと
とんとぶんと
どんな具合げんなあんべ
どんな具合ですかげんなこっけ
尖ったとんがった

な行

五十音      標準語開聞(仙田)弁
内出血つぐろじん
内心ねしゅ
ないなが ね
ないですかながげ
萎えるなゆっ
仲間どし
仲良しよがどし
仲が良いなががよが
仲間外れのげむん
長持ちしないでがなが
仲間に入れてカダセ
泣き虫なっべしょ  なっがんぼ
泣きじゃくるなっころし
無くなったながごっなった
亡くなるけしん
亡くなったけしんだ
殴るうったぐっ
投げろなんげ
仲人ながだっどん
なすびなすっ
なぜ どうしてげっせっ ないごで
なつくなちっ
納得するひっきょ
納得できないひっきょわん
撫でるさすっ
なにもないも
何はさておきないどごいじゃなが
何が何でもないがなんじぇも
何が何でもげいもかいも
何もかもないもかいも / ないもけん
何をしていたんだよないゆしよったどが
鍋敷きなべしっ / なべしけ
怠け者ふゆぃごろ
なん
なんだ
波打つ様よんごひんご
ナメクジなめくっ
舐めるなめくっ
縄を括る縄をクブッ
難儀 辛いのさん
何でもかんでもなんじぇんかんじぇん
納戸うんざ
ナンバンギセルよだれくい
何人もだいもかいも
何とも言えないなんちゅわならん
似合うにお
似合っているニオジョッ
似合っていないニオジョラン
匂いかざ
握り飯にぎぃめし
賑わうはずん
逃げるけにぐっ
逃げるけっぱしっ
逃げろけっぱしれ
にっけいけせん
日射病になるあっけを ちぇいこん
日当ひよちん
担ういの
入学するあがっ
女房うっかだ
にわか雨さだっ
にわとい
忍耐きばい
抜き取りむしぃとっ
引き抜くひんにっ
温まるぬんもっ
温まりなさいぬんもれ
温まったかいぬんもったが
ネギねっ
寝言ねごっ
寝言を言うなネゴジュユゥナ
寝小便しぇべんひっかぶい
ねずん
妬むしょのん
根っこねばい
寝てしまったねっしもだ / ひんねった
寝ていたねっちょった
寝ていなさいねっちょれ
眠いねっか
根元ねばい
粘土かまつっ
年配者といなむん
燃料 焚き木たむん
ノイローゼになるまっきっ
ノートちょめん
軒下おだれ
喉首 首のどくっ
上りのんぼい
のぼい
のん
ノミのん
飲むのん
飲み込むのんこん
野良犬まぐれいん
のん兵衛のんごろ
飲み込まれるのんこまるっ

は行

五十音      標準語開聞(仙田)弁
煤煙すっ
ばい菌ひえ
媒酌人 仲人ながだっ
入り込むせっこん
蠅叩きへただっ
生えるおゆっ
はかどるはがどっ さばぐっ
墓参りはがめい
ちきい
歯がゆいはがいか
馬鹿にするなばげすんな
馬鹿にしたようなばげしたよな
馬鹿にしたけなぶる
履物ふんむん
履くふん
剥ぎ取るひっぱぐっ
爆発した 噴火ふっでだ
はぐれるはぐるっ
馬喰ばぐゆ
ハサミはさん
破産したやいくえだ
始め 始まりうったっ
初めてはいめっ
はした
柱時計はしたどけい
恥ずかしいげんなが はっかしか
恥ずかしいげんなが / はっかしか
恥ずかしかったげんながった
恥ずかしがり屋はっかしかんぼ
はだげ   の
裸ん坊はだかびっちょ
バタバタしったんばったん
八方美人よがぶいごろ
場違いばちげ
破廉恥 恥さらしはっさらし
晩酌だれやめ だいやん
パンツさいまだ
ばっ
発狂まっきっ ぢぇおっ
初盆はっぼん
派手めだっ
罵倒するがいたぐっ
花見でばい
おっかん かが
はびこるほごっ
速いはやが
早起きごっとおぎぃ
早くはよ
約束を破るうっぽがす
早くももへ
腹いっぱい 満腹はらいっぺ
腹が減る 空腹ひだいか
はらわたせんぴろわだ
はい
ジャガイモじゃがたら
晴着べんじょ よがべんじょ
腫物つ もの
はだげ
破裂したっぱしった
冷えるひゆっ けっぴゆっ
日が暮れるよがへっ
彼岸花しんにばな
引き合うひっきょ
引きずるぞろびっ   そびっ
低いひっか
びくともしないこっといもせん
びくびくちわいちわい
つんぶし
久しぶりさしかぶい
柄杓ひしゃっ
非常に とてもわっぜぇ あばちぇんね
日雇い労働者ひよとい
左利きひだいぎっちょ
引っ掻くかがじっ
ビックリするたまがっ
ビックリしたたまがった
びっくり仰天ひったまがった / たまがいころし
びっくりしたたまがった
引越やうづい
必死にけしんかぎぃ
びっしょりずっぷい
ピッタリがっついちょうど
酷い目むいなめ
一晩中よのよひて
1人1人ひといひとい / っといっとい
日向ぼっこぬっかんぼ
皮肉あてこすい
ひねくれものねじっごろ
肥満だんべ
ひもじいひだいか
ひもじいひだいか
百姓ひゃっしょ
冷や水ひやみっ
ひょうきんものケスイバッチョ
病後 病み上がりやめあがい
表情つらちっ
ビリどんけっ
昼寝ひんね
昼間ひいのま ひいのめ
昼前ひいまえ
昼飯ひいめし
広いひろが
疲労だれ こだゆっ
疲労回復だれやめ
品がないひんがなが
品があるひんがあっ
頻繁にはだれ はめっけ
貧乏人ひんじゃむん
貧乏たらしいビンブラシカ
敏腕家やいちぇむん
不安おじぇちがん
不意にひょっかいと
夫婦おんじょうんぼ
醜男ぶにせ
不器用ぶちょほ ぶきっちょ
不潔 だらしないずんだれ
節穴とんめんす
不思議ふしっ
不躾 見当違いとっけんなが
不自由せんぽ
無精ふゆ
無精者ふゆいごろ
侮辱けなぶっ
普段かねっ
付着するひっちっ
沸騰するたぎっ
沸騰しているタギッチョッ
太いっとが
船虫あまめ
船乗りフナノイ
踏み折るふんごしょっ
踏み倒すふんたおし
迷子になるまぐれだ
古いふんのが
古着あがいむん
無礼なごぶれさあな
風呂敷ふろしっ
風呂上りふろあがい
ふんどしへこ
ヘアピンびんどめ
へいぜんとしてしれっとした
平常時 普段かねっ
兵隊ちんだい
平たんにするならめる
臍を曲げるねじぐこん
へそ曲がりねじっごろ
下手ぶちょほ
別にべぢ
べっとりべったい
偏屈ものへそまがい
偏屈ものいっぽぎった
変人かわいむん
弁当べんと
弁当箱べんとばご
偏平足べったあし
ほっ
坊さんぼいどん
法事ねんき
奉仕作業くやっ
放置しろ 構うなうっちぇげ
忘年会うっちゃげ
豊富 たくさんずんばい  ふど
訪問するたんねっじっ
ほおっておけうっちぇげ
放り投げるほだいなんぐっ
放り投げろほだいうっせ
包丁ほじょ
ボールぎったまい
おい
ほくろあざ
ほこりほこれ
干し魚しおっけ
干し大根ほいでごん  もいでごん
募集つのっ
榾木ほった
ほどほどてげてげ
掘り返すほいかやす
ぶり返すもっくかやし
惚れるみかぐっ
本当の事ほんのこっ
ぼんやりしているぼやしか
ぼんやりするなぼさーっとすんな
ぼんやりするなよぼさーっとすんめど
本当にほんのこで+

ま行

五十音      標準語開聞(仙田)弁
埋葬するいぐっ
曲がるまぎっ
まさかいがなこで
間尺に合わないましょげおわん
真正面まっぽし
不味いアジュンナガ
混ぜるまずっ  まぜぐっ  まぜぐいたぐっ
まだばい
間違いまっげ
間違いだったまっげじゃった
間違ったまっごだ
間違っていないまっごじょらん
待ちきれないまっけきらん
間に合わないましょげおわん
待ってるよまっちょでね
待っててねまっちょっくれね
松かさまっがさ
松葉まっば
全くがっつい
全くねぇがっついにぃ
間取りまどい
まな板きいばん
間に合うまにお
間に合うかげお
間に合わないまにおわん
間に合わないかげおわん
間抜けあんぽんたん
間抜けぼやしか
眩しいみやが
眉毛めんけ まっばんけ
ギッタマイ
丸いまんまいか
丸太ほった
まるでまっで
まれにまれけん
満腹はらいっぺ
混ざったげった
股引でごんばっち
見送るみおぐっ
実 種さね
見間違うみまっご
見栄を張るよがぶい
見苦しいみどんなが
見事みごっ
見事だみごっじゃっ
短いみしけ
水鉄砲みずでっぽ
味噌汁みそしゅい
見初めるみかぐっ
みぞれゆっじゃめ
見た目みば
道端みっぐるい みっばだ
道普請みっつぐい
見つけたみっけだ
実なししら
見慣れているみなれじょっ
見逃すめこぼし
見舞いみめ
ミミズめめじろ
みん 
耳たぶみんなば
耳くそみんのっそ
宮参り
見るたびみだかし
みっともないみどんなが
見られるミィガナッ
見られないミィガナラン
向いているむじょっ
向いていないむじょらん
昔はむがしゃ
迎えにむげめ
麦刈りむっかい
麦わら帽子むっがらぼし
剥くむっ
剥いてくださいむっくれ
剥いたよみだど
むくろじもくよ
酷いむげ
向こう脛むがすね
蒸し暑いほめっ
無神経ぞっさらしか
結ぶきびっ
無責任とんじゃっがね
ムダ金ぜんうっせ
無茶なほんなが
無鉄砲ほがなが
無鉄砲な奴ほがながやっじゃっが
無鉄砲な乱暴者ぼっけむん
むべうんべ
無謀ぼっけ
群がるたがっ
群がっているたがっちょっ
無理やりしゃいも しゃいもけん  げいもかいも
目覚めるおずん   おずんだ  めがひっさめだ
目ざわりめざわい
目立ちたがりでしゃばいごろ
目玉めんたま
めちゃくちゃちんぐわらっ
めんこかった
面子つら
面目めんぼっ
面倒くさがるふゆをかまえっ
模合もえ
もう一度もいっど
もう一杯もいっぺ
もうすぐもいっき
もう少しもちぃっと
もうろくども
燃えるむゆっ
燃えたむえだ
燃えないむえん
もっ
鏡餅かがんもっ
餅とり粉もっといこ
もちの木やんもっ
もったいないあったらしか
戻るもどっ
戻っておいでモドッケ/モドッコンカ
ものすごくわっぜぇ
物干しざおえもんざお
物見遊山でばい
もみくちゃにするももじいたぐっ
揉むつまん もん
揉みほぐすもんだぐっ つまんたぐっ
揉め事やっさもっさ
もやっているスモッチョッ
文句
文句を言うなギヲカヤイナ

やらわ行

五十音      標準語開聞(仙田)弁
やがてはやがっちゃ
やかましいやがましか
やかましいうぜらしか
やきもちじんき
やきもちやきショノンゴロ
やくざごろちっ
役立たずぐわんたれ
役に立つためなっ
厄払いヤッバレ
やりにくいしにっか
火傷やげじょ
野菜やせ
野菜畑やせばっけ
屋敷やしっ
養うおやす
安いやしか
安くするまける
厄介やっけ
厄介な事やっけなこっ
やっとやっとこさ
やっとよいなこっ
やはりやっぱい
やねえんそら
やぶんす
藪にらみヒンガラメ
破るひっちゃぶっ
ややもするとげんかすっと
夕方ばんさげ
夕立さだっ
ゆえに・だからじゃっで
行きずりいっすい
行き詰まるいっづまった
行き詰まるばったいいがん
ゆげほげ
ゆっ
ゆっくりぼっぼっ  そろいと
ゆっ
湯をあびせる湯ヲ イッカグッ
湯をあびる湯ヲ イ(ヒ)ッカブッタ
よーしっさろ
夜明けあごなっくっ
酔うよぐろ
容易なむやしか
様子よし
ようやくごろいと
ようやくよいなこっ
良くゆぅ     
良くないゆなが
良くも悪くもヨガモワイカモ
よくばりよっごろ じょっごろ
余計ななんとんしれん
横殴り雨うっじゃめ
横切るつっきっ
横腹よごっぱら
横槍よごぐっ
よそ者ヨソムン
よだれゆだれ
酔っ払いしょじゅくれ
酔っ払いよぐれんぼ  よぐれむん
酔っ払いヤマイモホイ
予定つもい
よたよたよったよった
よぼよぼよんぼよんぼ
世の中うぜげん
夜這いよばなし
よめじょ
よもぎふんのこ
よもやいがなこで
寄りかかるよいかがっ なんかがっ
寄合ヨイカダ
ばん
夜が更けるよがへっ
泣き言なっごっ
弱音やっせんぼ
・・・よねぇ…ジャラヨニィ
らっ
楽じゃないらっじゃなが
落雁もしこ
落花生だっきしょ
理屈ごたく
理屈
陸稲おかぼ
利口者たましきっ
利己的わがかっちぇ
離婚みどわがれ
利子
律儀なことだかでこっじゃっ
立腹する 立腹したはらかっ はらがっ  はらけだ
流行はやい
両方まんぼ
料理するこしたゆっ
類焼もれび
礼を言うでをゆ
老人じさん おんじょ
老衰なえ
ろうそくろそっ
漏斗じょご
狼狽するばたぐろっ
ろくなことはないロンナコッジャナガ
ろうあ者もま
若者わっかし
我が家わがえ
沸かすたぢゅっ
分かってるよワガッチョッ
我儘ジジラ
沸くたぎっ
わけのわからないなんとんしれん
分葱せんもと
忘れたケワスレダ
忘れたッチュワスレダ
忘れないでねチュワスルンナド
綿入れちゃんちゃんこ
私たちおいどん
わたしではないオイジャナガ
私が悪かったオイガワイカッタ
輪回しかねまわし
わめくオランマワシ
笑うわる
藁小づちわらうっごろ
藁切りわらきい
割るうっぐわっ
悪いワイカ
割れたウッグワレダ
我々わがたっ

画像の説明 方言集(事例)

貴方は標準語に訳せますか?
★さしかぶいじぇ かいもん会で おがにぃ   わがえだいの気が おだしと かだっとは たのしかむんじゃっど たまにゃ いだっみらんか
★なんども 計算をしなおすっば けいさんががおわんにゃ なごごじゃっば もう  おじぇん おわんちぇん どっちでもよが 
★がっこがぃ わがえもどっとずい だいとも おわんじゃった めずらしか こっじゃっ
★がっこがい 戻れば こまんか黒板に どこそごんはたげ いっきけ ちゅけじょっとみれば いごごながじ がっかい しよった
★宿題をちゅわすれっ 先生にがらえだ     期末テストが あっちぇん あすんこっばかいせっ 勉強をせんちゅ わっぜぇ がらえだ
★小がっこん なっじゃすんの宿題は 絵日記を かがんにゃ ならんかったどね  まどめっ かごれば ちゅわすれっ のさんこっじゃった
★漢字んけご は ちゃんと真面目に やらんといがんど
★ふがよがどっもあれば  ふがわいかどっも あっとよにぃ  真面目にがんばっとが いっばんよがどよ
★ひといで うんにいっと あんながど ; あんながこじゅ すんなよ  みんなで いっで あんながながど 
★こまんかころ くろなっとっずい あそん もどれば 宿題をしおれば いっき ねっこなよったどにぃ
★せんせいに いっかすっどね 
★いげだいげ あすんけ いっめど ちゅ がらゆっむんじゃったばっ そろいとかぐれっ いごったどにぃ
★あしこ ちゅう ゆだで まっで きじょらんじゃったむんじゃ
★こまんかころは ゆぅ あっきゅといけ かいもんだげ いだどにぃ やまさっの ためいげんしたん田んぼで シジミを とんむんじゃった「
★あしこ あんながちゅゆだで ゆこじゅ きがんで けがをすっとじゃっど
★あすんだあどは ちゃんと あどこばめを せよ っちらげじょんめど  だいじなむんを どこじぇんかしこじぇん(あひこそご) うっちぇんな
★いっどぎ ああすぼったば そんうぢ いさごっ びんたを ただがれだ
★しょうがっこん頃 体育館で かっどぅ(かっどぅしゃしん)を みだおぼえが あっばっ ながみは おぼえじょらん
★かっぼふしゅ けずっとは どごも こどんの しごっ じゃった  こどんのしも ゆぅ かせを しよったどにぃ
★いよん骨がのどに ひっかがったごじゃっで とっくれ  まじっと おねがんにゃ 喉は見えんど もぢっと 顎をあげんみれ
★こまんかころは わがえじぇ びんたんけを きんもろむんじゃった ばったぐろなちゅ ゆわるんむんじゃった 
★にがきむんな 盆かしょがっしか こんもろがならんむんじゃった しゃがじな ぎったまいを こんもろむんじゃったがにぃ 
★としゅとれば あいがもじゅれっ つんのめっ たおれっ つごろじんがでだ
★あくっどんしよっがはら ねっかこんなら もうねらんか あしたも はやがっじゃろが
★しゃいも かせをもろわんにゃならんで 
★おなご(女)んくせ おどごすわいを すんな きんこ すわれ ぎょうぎがわいか ちゅ ゆぅ がらえよった
★なわよっかい よまんほが ちよが 
★やっぱぃ ぬっかめしが うんまがどにぃ  こん おかずを ぬんめっくれ ひやがひは ぬっかどが ごっそじゃっで
★こまんか頃 しょがっには にが きむんを こっもろだ
★そんた(それは) あだいまえじゃっが
★こんズボンに穴がえだで ふせをしよっくれ
★しょうじに 穴をあぐっ
★みくびらえだむんじゃっどにぃ
★ほぜまつり
★みじゅ(みず) ひっかげだ
★うがぜもこわがば 地震ちゅゎ あんまいながこっじゃっば そなえはせんにゃ いがんど
★皆に かせを もろっ よごづしもした  急なこっじゃったで せしこだろが
★あいたげ(あいかぎぃ)もっじがんか ・・・ 全部持っていけ
★あしこ ちゅう ゆだこで きじょらんじゃったが
★しっかっよっか こねがっのほうが しっじゃっ ・・・渋柿より甘柿のほうが好きだ
★あぶっがじぇじょっ ・・・ 泡が出ている
★やっと おじぇちだ にぃ
★風邪あんべは げんじゃっか・・・ 風邪の具合はどうですか
★わいばっかいに いっかすっで ほがんしには ぜったいゆなど 
★だまっちょらんじ ないか ゆっくれんか ; ばあちゃんに ゆじょっくれ
★とうちゃんよっかい かあちゃんのほが ゆやしか
★あんやじな ゆにっかで だいか たのめ
★ぬっかもなが ひやがもなが ちょうど よがあんべ じゃっが
★おーい みんなこいで よががー ・・・ よがどー  そにゅせんか
★おいげぇも わいげぇも  
★いっぎれがすっ   いっがきるっで もじっと ゆっくいと あゆまんか
★ないゆ しょぼくれじょっどごいか げんきをださんか こんど きばれば よがどじゃっが
★どっかで いっすったがねぇ 
★けむんに いだっくでねー  さぎ いだっくれ(いごっくれ)  はよ せんにゃ バスが はっちっど
★っといで はっじだど まっちょればよがでにぃ
★はらがいだがじ がっこをやすんだ びんたもいだが 
★いっどぎいっど
★こん かだえは おいどんには関係ながで おいにっか にぃ
★いのっがけで たしけっくれだ
★おっかおらんか
★こまんか頃は とこやにいがんじ おっかんが びんたんけを きっくれよった  ☆じっとせんか うろちょろすんな ちゅ がらえかでにぃ
★かせを っせっくれんか
★よがかせをもろだで はよ済んだ
★株で うっぽげだちゅ 話じゃった あんた のさっちょっどにぃ
★あんた はらかっぼじゃっで いっどぎ あすぼごっぢゃなが
★かだいのはっじろは くっがおわんだげ かだっでやねぇ
★あったらしか まだっつこわなっで うっせんばよが
★こしこ なごぉ いぎっちょっば こんなこっがあっちゅわ おめもせんじゃった 
★おもしとがにぃ  うんにゃ 全然おもしとがねぇ
★木にのぼっちょらんじ はよ おじっ こんか 
★いたみがおさまらん ちゅ おもじょれば ほねをうっごしょったろごじゃっ
★とろいとろいせんじ はよこんか がっこん おぐるっど
★しょうがなが のさいじゃっで
★わっのはめ けといけ いごったにぃ
★きゅうは ぶらっちょん かだえが あっじゃっちゅ ゆおったど はだげいだっ だれじょっば いがんならにぃ
★きゅんばんは 7時がい よいかだじゃっど おひまっこ じゃったげ くゎんのんこ じゃったげ くゎんのんこは おなごんしばっかい じゃったよにぃ
★むがしゃ ゆぅ くやっが あよったが 今も あっかよ
★きゅうは 盆おどいの けご(稽古)をすっ日じゃっば むっかしかで もじっと ゆっくいと いっかせっくれればよがで
★とないの ばばが おらんごなったちゅゆっ うそどを したこっがあった 今おもえば ろげを っせっ 徘徊を しよったじゃっかもちゅ おもどにぃ
★いもといのころは はだげ ちゅわんもっじぇ いごったよにぃ  あんころははだげじぇ くどは うんまがった 
★ややこしかこじな かがよわんほが よがど 
★みかげは よがばっ  よがぶいごろは 皆 しかん どに
★かったがぁ んにゃ まげだ あいには げっせじぇん かのわんでやにぃ
★だんなが けしめば ごけ じぇ うっかだ(あめ)が けしめば やもめ じゃっちゅ  どっちも とじぇんなが こっじゃにぃ
★いんのこ や ねごんこや いぎったむん が けしめば ぐらしかでやにぃ
★せんたっむんが まだこれじょらん くもっちょったでにぃ こらがせんにゃ あした もっじかんにゃ ならんで 
★風邪ん あんべは げんな こっか ないか ちっとじぇん くゎんにゃ っからは でらんど 
★うがぜがくれば ただんが ふわっ ちゅ もっちゃがいよったどねぇ   ただんの上 重しをのせよったむんじゃった いっき 停電もしよったどね  うあめが降れば まえん しみっが かわのご なよった 今度は っとが うがぜじゃったで 米もちんぐゎらっ やらえだ  
★むがしゃ じさんばばが 茶をのんかで 縁側で ぬっかんぼを しよったが にぃ  茶にザラメをいるっとが ぜいたっなたのしんじゃった
★なご うっちぇじょったや かっが じぇじょった
★こん かんに 住所を けっくれ

呼称・挨拶・行事など

五十音      標準語開聞(仙田)弁

呼 称

五十音      標準語開聞(仙田)弁
家族けね
僕・私おい
僕たち・私たちおいどん
君・貴方わい
君たちわいどん
おっちゃん / おとさん
おっかん / おかちゃん
祖父じさん / おんじょ
祖母ばば/ うんぼ / かが
年寄りといなむん
年配者おせ
兄さんあにょ/ あんさん
姉さんあねさん
若者にせ / わげむん
子供こどん
こども達こどんのし
兄弟きょうで / けで
末っ子しひたれ / しひたげんこ
赤ちゃんあがんこ
いとこ同士いどごどし
若い衆わっけし / わががし
ハンサムよがにせ
ぶ男ぶにせ
とのじょ
お嫁さんよめじょ
美人よがよめじょ
綺麗みよっか
綺麗な人みよっかし
同じ年齢っとっとし
近所わがえだい
昔の人むがいのし
我が家わがえ
私の家おいげぇ
君の家わいげぇ
あの人の家あいげぇ
あの人たちあんしどん
この人の家こいげぇ
見知らぬみしったん

体の部分

五十音      標準語開聞(仙田)弁
びんた
髪の毛びんたんけ
つら
みん
耳垢みんのこっぱ
耳穴みんのす
耳たぶみんなば
ひざつんぶし
背中せんなが
くっ
禿げ頭はげちゃびん
ふくらはぎつと
のどんくっ
かだ
指先ゆんのさっ
すば
あどじぃ
めんけ
まつ毛まっばんけ
ちぢ

家に関すること

五十音      標準語開聞(仙田)弁
仏壇ぶっだん
神棚かんだな
位牌いへ
床の間とごどん
ただん
木戸口きどんくっ
勝手口うしとんくっ
上り口あがいくっ
表座敷おもじぇんつま
中座敷ながえんつま
居間うんざ
天井 屋根裏えんそら /くもんそら
床下ゆがした / えんのした
板の節穴とんめんす
囲炉裏ゆるい
自在鉤じんじゃかっ
凾火鉢はごひばっ
へぐろ
炭火おぎぃ
へぐろ
たきぎたんむん
榾木ほった
隅っこすんくじら
戸袋とっくら とっくろ
牛小屋うぃごや / うんまや
タバコ乾燥場かんそば

台所回り他

五十音      標準語開聞(仙田)弁
台所ながし
食器棚みずや
かまどくど
しゃもじめいげ
ひしゃくしゃぐいげ
ざるそげ
包丁ほじょ
まな板きぃばん
急須ちょが
はがま
水瓶みっがめ
洗い物あれむん
置き薬えっちゅばご
ハサミはさん
はい
風呂敷ふろしっ
団扇うっば

行事

五十音      標準語開聞(仙田)弁
祝いゆえ
祝いの席おしょよ
大晦日といのばん
浜下りはまくだい
墓参りはがめい
初盆はっぼん
一年忌いっねんき
うなぎの薬師堂詣りうなんめい
法事ともれ
建前祝いたっちぇんゆえ
成就祝いじょいのゆえ
名づけ祝いなっけゆえ
ひな祭りひなんじょ
遠足えんこ
厄払いやっばれ
神舞くゎんのんめい
墓参りはがめい
法事ともれ

挨拶&呼びかけ

五十音      標準語開聞(仙田)弁
有難うおおきに/ よごづした
有難うございましたよごづしもした
有難うございましたあいがてさげもした
有難いことだあいがでこっじゃっ
可哀そうだねぐらしかにぃ
ご馳走様ゴヤッケサマ/ゴッソサン
お疲れ様おやっとさぁ/ やっとじゃいもした
心細いことだねぇとじぇんながにぃ
ご苦労様ごぐろさま
ごめんねこらえねぇ
勘弁してくださいこらえっくれ
さようなら(又会いましょう)のっじゃいもそ
また会おうねまだ おがにぃ
準備しなさいうっただんか
何が何でもないがなんじぇん
どうでもこうでもげんじぇんかんじぇん
ほおっておけほだいうっちぇげ
どこに行くところですかどげいっとごいかな
行っておいでいだっこんか
先に行ってくださいさぎいごっくれ
これをくださいこいをば くれっくれんか
いくらですかどしこげなぁ
温まりなさいぬんもらんか
温まったぬんもった
あのねあんにぃ /あんねぇ
とうとうごろいと

性格

五十音      標準語開聞(仙田)弁
あほ / 知恵がないほがなが
暴れん坊あばればっちょ / やまいもほい
大酒飲みよぐれんぼ / やまいもほい
いい加減な奴ざっとなやっ
いけすかないなまっしかん
一途いっぽぎった
嘘つき者うそひいごろ
うぬぼれのぼすっ
偉そうにしている人いばいごろ
おとなしいおとなしか
おしゃべりかだいのはっじろ / かどいごろ
怒りんぼはらかっぼ
臆病者やっせんぼ / びびぃごろ
横着者おじゃっごろ / わやっごろ
お転婆やんばらほい
大人びたおせらしか
大人ぶる おせぶった
おしゃれはいから
賢い子さばげだこ
ケチじょっごろ
欲張りよっごろ
ずるい奴あじゃっごろ
だらしないぞっさらしか
手に負えないてしけおわん / てしけくろわん
手荒いちゃーらが
泣き虫なっばし
恥ずかしがり屋はっかしかんぼ
ひょうきんものけすいばっちょ
ひねくれものねじっごろ
無鉄砲な乱暴者ぼっけむん
やきもちやきしょのんごろ
良いかっこしぃよがぶいごろ
利口者たましきっ
猪突猛進まぐれいっぽい

感情

五十音      標準語開聞(仙田)弁
嬉しいうれしか
悲しいかなしか
淋しいさびしか/ さみしか
気持ちが悪いきもっがわいか
怖いおどろしか/おそろしか
面白いおもしとが
気持ちいいきもっがよが
辛いねぇのさんにぃ
とても辛いしったいのさん
心細いとじぇんなが
辛いのさん
辛いことだのさんこっじゃっ
知らんふりしたんまね
軽蔑けなぶい / けなぶいごろ
恥ずかしいげんながった
愛着があるぼんのがあっ
嫌いしかん/すかん / きろ
赤恥あがっぱっ
構わないかもわん
相手方にしないかがよわん
知らんふりしたんまね
イライラするしんきがにゆっ
空腹ひだいか
満腹はらいっぺ
何とも言いようもないなんちゅわならん
そうじゃないでしょうじゃろげぇ
そうじゃないでしょうそいじゃながろがぁ

感嘆

五十音      標準語開聞(仙田)弁
・・・よねぇ…じゃらよにぃ
・・・だよねぇ…じゃっどにぃ
~でしょうがじゃっどがほら
だから~でしょうじゃっでやほら
そうそう それじゃっがほら
そのとおりですねじゃいもさぁ
全くもぅげっせんもぅ
とんでもなくあばじぇんなが
これはしまったちょんしもだ /ちょっしもだ
本当にまっこて / ほんのこで
おおおろぉ
あらまぁあいよこれよ
いやぁうんにゃころ
しまったちょっしもだ
なんだってなんじゃっちゅや
まったくもぅげっせん
ほんとうにねぇがっついにぃ
そうだったねぇそいじゃったにぃ
え~っあいよこれよ
あ~あはいだこれよ
得体のしれないなんとんしれん
え~っ そんな!んだもしたん
とんでもないあじぇんなが
すご~くわっぜぇ

道具

五十音      標準語開聞(仙田)弁
柱時計はしたどけい
おげ/たんご
桶修理屋たんこどん
ブリキの箱せったんばご
たらい 洗面器 風呂おけびんだれ
藁編み袋(大)  団袋だんかまっ
藁編み袋(小)かがい
ムシロむしと
ちきぃ / きんぎょ
かなづちとんかち / ちんかんぼ
藁ぞうりわらじょい
くっ
長柄鎌とんぐぁま / とっがま
木槌どんこ どんじ
のご
よっ
荷車よっば
一輪車ねごぐいま
すずいし / すずい

あそび

五十音      標準語開聞(仙田)弁
丸太で作った車輪はま
手作り舵取り車かったぐいま
独楽ただっごま
ビー玉遊びめだまとい
無患子もぐゆんみ
おにごっこたしけおん
カルタとりかったとい
ゴム飛びごむとん
影踏みかげふん
お手玉てだまとい
あやとりいどとい
案山子遊びいっけんけん
魚釣りいよつい   いよとい

食品・食べ物

五十音      標準語開聞(仙田)弁
あまん
醤油しょい
朝食ちゃのご
昼食ちゅはん
晩御飯ばんめし / ゆぃめし
白米こめんめし
粟ごはんあわんめし
麦ごはんむんのめし
赤飯ささげんめし
うるち米さっごめ
お茶請けちゃっけ / ちゃんしおげ
おにぎりにぎぃめし
おかず 総菜 副菜しおげ / かじぇむん
塩漬けしおっけ
芋の天ぷらがねんてんぷら
味噌汁みそしゅい
ご馳走しおげ / ごっそ
卯の花きらし / おから
豆腐おかべ
蕎麦がきそばんがっこ / そばきぃ
すいとんつんきだんご
さとうきびさどきっ
西瓜すが
夏みかんなっみがん
八朔はっさっ
ピーナッツだっきしょ 
芋茎といもんから
あけびあっきゅ
むべうんべ
びなんかずらの実びっけみ
酢の物ナマシ
醤油の実ショイノカラ・ショイノミ
梅 梅干しうんめ / うんめぼし
漬物ッケムン
よもぎふんのこ
ヨモギ団子ふんのこだんご
山帰来の葉かがらんは
山帰来の葉にくるんだ団子かがらんだんご
芋の切干しいもんこっぱ / きがらいも
蒸し菓子ふくれがし
野菜やせ
キャベツかんらん
大根でごん
大根畑でごんばっけ
干し大根もいでごん / むいでごん
ジャガイモじゃがめんこ
里芋さでいも
なすびなすっ
胡瓜きゅぅい
ニガウリ/ゴーヤにがごい
エンドウ豆えんづまめ
うぃ
インゲン豆ささげ
たげんこ
オクラおぐら
あさつきせんもど
らっきょうらっきゅ / だっきゅ
刺身ぶえん
いよ
魚売りいようい
タニシたみな
さつまあげっきあげ / つけあげ
魚の干物 塩漬けしおっけ
鰹節かっぼふし
焼酎のつまみしょじゅんしおげ
きびなごきんざご
一杯いっぺ
二杯にへ
三杯さんべ
みな   け
貝掘りけとい  けほい みなとい

味覚/嗅覚

五十音      標準語開聞(仙田)弁
美味しいうんまが
香ばしいかばしか
不味いあじゅんなが
美味しくないうんまがなが
薄味あっがうしか
臭いっさが
生臭いひえっさが
辛いからが
甘いあまが
腐っているけっさっちょっ
触 覚
冷たいちみだが
痛いいだが
熱い / 温かいぬっか
ぬるいぬいか / ぬるが
寒いひやが
涼しいすずしか
凍えるごねころし
冷えたけっぴゆっ
柔らかいやらしか
固いかだが
冷めてしまったひっさめじょっ

自然・天候・時間

五十音      標準語開聞(仙田)弁
太陽ひどん
ちっどん
ほいどん
かんなれどん
上天気よがひよい
雪交じり雨ゆっじゃめ / しぼれ
台風うがぜ
大雨うあめ
梅雨の時期ながいどっ
霜柱しもばした
雨が降り出した雨が ふいじぇげだ
雪が降っているゆっが ふよっ
今日きゅう
早朝はぜ
夕方ばんさげん
夜中よんなが よなが
昨日きにゅ
一昨日おどで/おって
昨夜きにゅんばん
むがし
毎日めぃひにっ
眩しいみやが
来年やがっちゃ
月夜ちんのよ
真っ暗闇まっくらすん
やがてはやがっちゃ
これから先こいかいさっ
あっというまもへ
いつも(常に)ねんがらねんじゅ
いつかはやがっちゃ
いつの間にかいんのめが
いつまでもいっづいじぇん」

生き物

五十音      標準語開聞(仙田)弁
子牛ういのこ
牛の雄こってうし
牛の雌めなんこ
うんま
にわとい
鶏の雄てじょどい
鶏の雌はおどい
メジロはなんし
ひよどい
きんのとい
いん
子犬いんのこ
ふくろうとっこどん / とっころ
河童かわさんぺ  がらっぱどん さんぺどん
あっぴっ
きんね
だのっ
ネコねご
子猫ねごんこ
さっどん
毛虫ほんじょ
すあい
ごきぶりあまめ
がね / がにぇ
ノミのん
シラミしたん
ミミズめめじろ
なめくじなめくっ
へびまむし
 けどわだし
 あがむし
せっ
 じゃろ
 こしゅ
 じゅぐじゅぐひーよし
トンボ捕り掛け声あげーし

身に付けるもの

五十音      標準語開聞(仙田)弁
着物きむん
絣の着物かすいのきむん
晴着べんじょ
仕事着たなし/ こすぎん
前掛け・腰巻めだれ
ズボンばっち
ズボン下でごんばっち
藁草履わらじょい
ふんどしまわし
パンツさいまだ
スリップしみーず
てぬぐいちぇのげ / てのげ
帽子ぼし
麦わら帽子むっがらんぼし
オムツしめし
はがま
おっ
毛布けっと
サンダルつっかげ
ぞうりじょい
下駄げだ
雨靴あまくっ

職業

五十音      標準語開聞(仙田)弁
医師いしゃどん
獣医師ばいどん
坊さんぼいどん
宮司たいどん
托鉢僧もれかんじん
鉄などの廃品回収じがねんけ
大工でっどん
船員ふなのい
兵隊ちんだい
家畜商ばぐゆ
左官しゃがんどん
桶屋たんこどん
富山の置き薬えっちゅどん
仕事 ・ 手伝い
草刈りっさぎぃ
草刈りに行ってこいっさぎぃけ いだっけ
手伝いかせ 
手伝いこどい
田植えの手伝い田植えんかせ
収支さんにょ
計算が合わないさんによがおわん
日雇いひよとい
牛の競り市ういのこせいば
早々に片付くしめがよが
洗濯物せんたんむん

その他・・・思い出そう

五十音      標準語開聞(仙田)弁
椿かだいばな
椿の実かだいのみ
殊更こどろしゅ
だんもなが
みどんなが
ほだいとらげっ
うっくだ
うっかんだ
おっかおらんか
あっかながが
あれあい
これこい
それそい
認知症ろげ/ども
火傷やげじょ

比較・反対

五十音      標準語開聞(仙田)弁
はい ⇔ いいえよぉ ⇔ うんにゃ
大きい ⇔ 小さいっとが・ふとが ⇔ こまんか
重い ⇔ 軽いおっか ⇔ かいか
遠い ⇔ 近いとわが ⇔ ちかが
狭い ⇔ 広いせまが ⇔ ひろが
高い ⇔ 低い  たっか ⇔ ひっか
少し ⇔ たくさんちぃっと ⇔ ふどー
固い ⇔ 柔らかいかだが ⇔ やらしか/だんぶらしか
強い ⇒ 弱いちよが ⇒ よわが
右 ⇔ 左みっ ⇔ ひだい
後ろ ⇔ 前うしと ⇔ まえ
有る ⇔ 無いあっ ⇔ なが
いる ⇒ いないおっ ⇔ おらん
雄 ⇒ 雌おんちゅ ⇒ めんちゅ
長い ⇒ 短いなんか ⇒ みしかが
暖かい ⇔ 寒いぬっか ⇔ ひやが
厚い ⇒ 薄いあっか ⇒ うしか
言う ⇒ 言わないゆぅ ⇒ ゆわん
美味しい ⇔ 不味いうんまが ⇔ あじゅんなが
きれい ⇒ 汚いみよっか ⇒ きっさなが
遅い ⇒ 早いおしか ⇒ はやが
古い ⇔ 新品ふんのが ⇔ にが
出来る ⇒ 出来ないぢぇ(で)ぐっ ⇒ じぇげん
出来る ⇒ 出来ないしがなっ ⇒ しがならん
する ⇔ しないすっ ⇔ せん 
知っている ⇔ 知らないっしよっ ⇔ したん
使える ⇒ 使えないっこがなっ ⇒ っこがならん
そうだ ⇔ そうではないそいじゃっ ⇔ そいじゃなが

| 持っている⇒持っていない | もっちょっ ⇒ もっちょらん

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional